北海道で移住してみたい市町村

北海道は移住促進事業が盛んな地域で、それは札幌市への人口集中が止まらず、札幌市以外はほとんどの市町村が人口を減らしている事情も影響しています。基幹産業の第一次産業は、とりわけ農漁村部で担い手不足が深刻です。

北海道への憧れを持つ人は多いと思いますが、梅雨がなく短い夏と引き換えに、厳しく長い冬が待ち構えています。地域によって相当な寒暖差があるため、北海道をひと括りで考えず、移住先の情報は細かく集めるようにしましょう。

また、あまりにも広すぎて、距離・移動の感覚が北海道外とは異なることに注意してください。例えば、中心地の札幌市から、人口第2位の旭川市までは約140km、人口第3位の函館市に至っては約260kmも離れており、主要都市間の移動は小旅行です。

したがって、各地方(北海道には14の地方名がある)を1つの県として考えるくらいがちょうど良く、各地方に中心となる都市が存在する感覚です。

スポンサーリンク

北海道の主要な町

 札幌市(さっぽろし)

北海道札幌市
北海道唯一の政令指定都市で、今や人口200万人を突破する勢いの札幌市。平成42年度末には新幹線の開業を目指しており、ますます人口が増えるでしょう。市営地下鉄が市民の足となり、地下鉄沿線に住む限りは、交通に不便することが少ないです。

また、札幌市は面積がとても広く、その60%を占める森林は、市の南西部に集中しているため、平地はかなり広範囲に市街地が形成されています。その影響もあるのか、他の市よりも圧倒的に便利な一方で、家賃相場が高くありません。

人口(国勢調査) 1,952,356人(平成22年~27年増減率:+2.0%)
地価水準(住宅地) 63,501円/㎡(平成27年~28年変動率:+2.0%)
主要交通など 札幌駅(新千歳空港駅まで約40分)、丘珠空港
小児医療費助成 通院:就学前まで、入院:中学生まで
家賃相場 4.9万円(1LDK/2K/2DK)
介護保険料基準額 5,177円/月(平成27年度~29年度)
病院数 205ヶ所
1万人あたり病床数 178.8床
保育所数 249ヶ所
介護老人福祉施設数 59ヶ所
1万人あたり飲食店 47.0ヶ所
気候 1月 4月 7月 10月
平均気温 -3.6℃ 7.1℃ 20.5℃ 11.8℃
平年降水量 113.6mm 56.8mm 81.0mm 108.7mm

旭川市(あさひかわし)

北海道旭川市
全国でも上位の入場者数を誇る旭山動物園によって、旭川市の知名度が上がったことは間違いないでしょう。ラーメン好きには旭川ラーメンも知られていますし、木工業が盛んな地域なので、旭川家具を知っている人もいるかもしれません。

旭川市の人口が近年減少しているのは、ベッドタウンとなる周辺自治体に人が流れた結果で、旭川都市圏としては人口が維持されています。冬は寒さが厳しく、4月までは雪が残っていると頭に入れておきたいところです。

人口 339,605人(平成22年~27年増減率:-2.2%)
地価水準(住宅地) 20,666円/㎡(平成27年~28年変動率:-0.6%)
主要交通など 旭川駅、旭川空港
小児医療費助成 通院:小学生まで、入院:中学生まで
家賃相場 4.8万円(1LDK/2K/2DK)
介護保険料基準額 5,835円/月(平成27年度~29年度)
病院数 40ヶ所
1万人あたり病床数 212.1床
保育所数 59ヶ所
介護老人福祉施設数 17ヶ所
1万人あたり飲食店 53.3ヶ所
気候 1月 4月 7月 10月
平均気温 -7.5℃ 5.6℃ 20.2℃ 9.2℃
平年降水量 69.6mm 47.6mm 108.7mm 104.3mm

函館市(はこだてし)

北海道函館市
歴史が古く観光地として知られ、民間調査では「魅力的な街第1位」でありながら、中核42市で「幸福度が最下位」の二面性を持つ函館市。北海道としては温暖で、雪が少なく住みやすい反面、地理的に孤立した経済圏のため発展性に乏しい面は否定できません。

また、歴史的町並みの保存目的から、観光地(西部地区)では開発行為が制限されており、元々の市街地が狭いことも加わって、函館市は地価と家賃相場が高いです。これらの影響が、近年の人口減少に結びついているのでしょう。

人口 265,979人(平成22年~27年増減率:-4.7%)
地価水準(住宅地) 37,892円/㎡(平成27年~28年変動率:-1.3%)
主要交通など 函館駅、函館空港、函館港
小児医療費助成 通院:中学生まで、入院:中学生まで
家賃相場 5.1万円(1LDK/2K/2DK)
介護保険料基準額 5,300円/月(平成27年度~29年度)
病院数 29ヶ所
1万人あたり病床数 233.9床
保育所数 44ヶ所
介護老人福祉施設数 16ヶ所
1万人あたり飲食店 69.7ヶ所
気候 1月 4月 7月 10月
平均気温 -2.6℃ 7.2℃ 19.7℃ 12.2℃
平年降水量 77.2mm 70.1mm 130.3mm 100.0mm

釧路市(くしろし)

北海道釧路市
釧路港が日本有数の水揚げ量であるため、漁業をイメージさせる釧路市ですが、製紙、石炭、酪農を中心とする農業、釧路湿原や「マリモ」で有名な阿寒湖をメインとした観光産業などの多産業を有する、北海道東部における経済の中心です。

北海道の夏は、短いながらも気温の高い地域が多い中、釧路市を含む道東地方は、夏でも極めて冷涼な気候で、避暑目当てに長期滞在する人が後を絶ちません。釧路市は、北海道で最も長期滞在者が多い自治体となっています。

人口 174,742人(平成22年~27年増減率:-3.5%)
地価水準(住宅地) 16,369円/㎡(平成27年~28年変動率:-0.3%)
主要交通など 釧路駅、たんちょう釧路空港
小児医療費助成 通院:就学前まで、入院:小学生まで
家賃相場 4.6万円(1LDK/2K/2DK)
介護保険料基準額 5,050円/月(平成27年度~29年度)
病院数 17ヶ所
1万人あたり病床数 201.1床
保育所数 26ヶ所
介護老人福祉施設数 9ヶ所
1万人あたり飲食店 69.7ヶ所
気候 1月 4月 7月 10月
平均気温 -5.4℃ 3.7℃ 15.3℃ 10.6℃
平年降水量 43.2mm 75.8mm 127.7mm 94.6mm

苫小牧市(とまこまいし)

北海道苫小牧市
北海道では珍しく工業が盛んな市です。苫小牧港はフェリーで北海道入りできる数少ない港(他には函館港・小樽港)であるため、自家用車・バイクを持ち込みたい本州からの旅行客が良く利用します。

札幌市まで繋がる国道36号線と高速道路が、苫小牧港からの物流を支え、日高方面と札幌方面・道南方面の連結点となる地理的条件から、苫小牧市は産業港湾都市として発展してきました。雪が少ない気候も住みやすく、昨今の人口にそれほど変動はありません。

人口 172,737人(平成22年~27年増減率:-0.3%)
地価水準(住宅地) 17,528円/㎡(平成27年~28年変動率:-2.0%)
主要交通など 苫小牧駅、苫小牧港
小児医療費助成 通院:就学前まで、入院:小学生まで
家賃相場 4.6万円(1LDK/2K/2DK)
介護保険料基準額 5,367円/月(平成27年度~29年度)
病院数 13ヶ所
1万人あたり病床数 152.5床
保育所数 20ヶ所
介護老人福祉施設数 5ヶ所
1万人あたり飲食店 52.3ヶ所
気候 1月 4月 7月 10月
平均気温 -3.8℃ 5.1℃ 17.6℃ 11.3℃
平年降水量 40.0mm 79.7mm 167.9mm 103.5mm

帯広市(おびひろし)

北海道帯広市
十勝地方に含まれる帯広市は、北海道らしい大規模な農業が基幹産業です。のどかな風景と緑に囲まれた「田園都市」を目指しており、市街地を取り囲む「帯広の森」に加え、公園も非常に多く、札幌市を除くと数少ない人口増加の市です。

帯広市の西側を走る日高山脈は、地形が険しく交通の難所でしたが、平成23年に高速道路が開通したことで、札幌市との往来が格段に容易となりました。太平洋側なので雪は少ないですが、内陸で気温が低く、雪よりも氷をイメージさせる寒さです。

人口 169,327人(平成22年~27年増減率:+0.8%)
地価水準(住宅地) 24,109円/㎡(平成27年~28年変動率:±0.0%)
主要交通など 帯広駅、とかち帯広空港
小児医療費助成 通院:小学生まで、入院:小学生まで
家賃相場 4.6万円(1LDK/2K/2DK)
介護保険料基準額 5,470円/月(平成27年度~29年度)
病院数 18ヶ所
1万人あたり病床数 201.9床
保育所数 32ヶ所
介護老人福祉施設数 7ヶ所
1万人あたり飲食店 81.1ヶ所
気候 1月 4月 7月 10月
平均気温 -7.5℃ 5.8℃ 18.3℃ 10.0℃
平年降水量 42.8mm 58.9mm 106.4mm 75.0mm

北海道で注目の町

千歳市(ちとせし)

北海道千歳市
新千歳空港があることで全国へアクセスが良く、特に1日50便を超える羽田-新千歳間は、ビジネス・レジャー問わず利用客が多いです。また、道東方面や道南方面への列車が南千歳駅を経由するため、陸・空ともに交通拠点といって間違いありません。

なお、札幌市まで高速で50分、JRなら乗車時間30分の利便性から、千歳市は札幌市への通勤圏と思われがちですが、札幌市内やその隣接自治体で居住は十分にカバーできます。ただ、北海道外と頻繁に行き来する人にとっては、限りなく便利な街でしょう。

人口 95,648人(平成22年~27年増減率:+2.2%)
地価水準(住宅地) 27,186円/㎡(平成27年~28年変動率:-1.1%)
主要交通など 千歳駅、南千歳駅、新千歳空港
小児医療費助成 通院:小学生3年まで、入院:小学生まで
介護保険料基準額 4,700円/月(平成27年度~29年度)
病院数 8ヶ所
1万人あたり病床数 105.2床
保育所数 3ヶ所
介護老人福祉施設数 2ヶ所
1万人あたり飲食店 57.4ヶ所
気候 1月 4月 7月 10月
平均気温 -5.7℃ 5.1℃ 18.1℃ 10.5℃
平年降水量 33.6mm 62.8mm 132.1mm 80.9mm

小樽市(おたるし)

北海道小樽市
古くは大いに賑わった小樽市ですが、運河が残る独特の雰囲気と握り寿司が有名な街として、現在は観光地の需要が大きい街です。その半面、札幌市に近すぎることで宿泊客が札幌に流れ、観光客の滞留を増やすことが課題になっています。

逆の視点で住むことを考えると、趣のある町並みや、札幌市へのアクセスの良さが魅力でしょう。新幹線に対応した新駅ができると、減り続ける人口も回復していくかもしれず、地価が下がっている今のうちに…と感じさせます。

人口 121,924人(平成22年~27年増減率:-7.6%)
地価水準(住宅地) 16,765円/㎡(平成27年~28年変動率:-1.9%)
主要交通など 小樽駅、小樽港、新千歳空港まで車で約1時間半
小児医療費助成 通院:小学生まで、入院:小学生まで
介護保険料基準額 5,800円/月(平成27年度~29年度)
病院数 17ヶ所
1万人あたり病床数 263.8床
保育所数 19ヶ所
介護老人福祉施設数 4ヶ所
1万人あたり飲食店 66.8ヶ所
気候 1月 4月 7月 10月
平均気温 -3.3℃ 6.5℃ 19.8℃ 11.5℃
平年降水量 142.3mm 57.4mm 79.3mm 130.3mm

上磯郡木古内町(きこないちょう)

北海道上磯郡木古内町
主な産業に乏しく、人口減少の深刻な木古内町ですが、新幹線の開通に合わせて停車駅の木古内駅周辺を整備し、大きな経済効果を受けました。今後の持続と雇用創出、産業の育成など課題は多いとはいえ、周辺市町村の中では話題づくりに成功した部類です。

隣接する北斗市・知内町には病院がなく、木古内病院が救急医療も可能な総合病院として地域医療を担います。札幌市まで新幹線が延長されれば、札幌市と東京方面のどちらにも移動しやすい拠点として、木古内町の価値が高まるでしょう。

人口 4,547人(平成22年~27年増減率:-14.9%)
地価水準(住宅地) 11,280円/㎡(平成27年~28年変動率:-3.0%)
主要交通など 木古内駅(函館駅まで約40分)、函館市まで車で約1時間
小児医療費助成 通院:中学生まで、入院:中学生まで
介護保険料基準額 5,300円/月(平成27年度~29年度)
病院数 1ヶ所
1万人あたり病床数 217.9床
保育所数 2ヶ所
介護老人福祉施設数 1ヶ所
1万人あたり飲食店 55.0ヶ所
気候 1月 4月 7月 10月
平均気温 -2.5℃ 6.5℃ 18.8℃ 11.6℃
平年降水量 106.3mm 74.4mm 138.6mm 109.8mm

上川郡東神楽町(ひがしかぐらちょう)

北海道上川郡東神楽町
旭川空港ターミナルビルが町内にある関係で、東神楽町は旭川市と密接な関係にあります。米や野菜を中心とした農業の町であり、今もそれは変わらないのですが、昭和後期に工業団地の造成を行い、中核都市・空港近接の好条件で企業誘致が進みます。

平成に入って、旭川市中心部に近い「ひじり野地区」の農地を宅地造成。総合スーパーとショッピングモールができたことで一気に利便性が改善し、驚異の人口増加率10%(平成22年~27年)を達成しました。

人口 10,233人(平成22年~27年増減率:+10.1%)
地価水準(住宅地) 12,700円/㎡(平成27年~28年変動率:-0.9%)
主要交通など 旭川空港、旭川市まで車で約30分
小児医療費助成 通院:中学生まで、入院:中学生まで
介護保険料基準額 5,776円/月(平成27年度~29年度)
病院数 1ヶ所
1万人あたり病床数 115.6床
保育所数 2ヶ所
介護老人福祉施設数 1ヶ所
1万人あたり飲食店 24.1ヶ所
気候(東川) 1月 4月 7月 10月
平均気温 -8.6℃ 4.6℃ 19.7℃ 8.4℃
平年降水量 40.0mm 46.0mm 116.5mm 93.4mm

上川郡東川町(ひがしかわちょう)

北海道上川郡東川町
東神楽町と同じく旭川市に隣接し、ベッドタウンでもあるのですが、注目すべきは上水道がないこと。どの家庭でも、大雪山から長い時間をかけて蓄えられる地下水を使っており、薬品で飲料水基準にしている他の地域からは考えられないですね。

また、旭川市と近いことで木工業が盛んな町でもあり、山並みや田園風景の美しさに惚れこんだ家具職人や芸術関係の移住者が集まるほか、地下水の水質の高さから、水を理由に移住する人がいるくらいです。

人口 8,111人(平成22年~27年増減率:+3.2%)
地価水準(住宅地) 11,100円/㎡(平成27年~28年変動率:±0.0%)
主要交通など 旭川市まで車で約30分
小児医療費助成 通院:中学生まで、入院:中学生まで
介護保険料基準額 5,776円/月(平成27年度~29年度)
病院数
1万人あたり病床数
保育所数 1ヶ所
介護老人福祉施設数 1ヶ所
1万人あたり飲食店 38.2ヶ所
気候 1月 4月 7月 10月
平均気温 -8.6℃ 4.6℃ 19.7℃ 8.4℃
平年降水量 40.0mm 46.0mm 116.5mm 93.4mm

虻田郡ニセコ町(にせこちょう)

北海道虻田郡ニセコ町
羊蹄山麓に位置し、農業とリゾート観光が基幹産業のニセコ町は、主要都市からアクセスが悪いにもかかわらず、パウダースノーに憧れる国内外のレジャー客が訪れます。12月~3月のシーズンには外国人観光客が増え、さながら異国を思わせるほどです。

別荘地としての需要も大きく、隣町の倶知安町も含め外国資本の流入が盛んな地域なのですが、その影響もあって、語学スキルがある人なら比較的移住しやすいでしょう。ニセコ町は、以前から住民自治を目指した透明性の高い行政に取り組んでいる自治体です。

人口 4,958人(平成22年~27年増減率:+2.8%)
地価水準(住宅地) 9,467円/㎡(平成27年~28年変動率:+0.8%)
主要交通など ニセコ駅、札幌市まで車で約2時間、函館市まで車で約3時間
小児医療費助成 通院:中学生まで、入院:中学生まで
介護保険料基準額 5,342円/月(平成27年度~29年度)
病院数
1万人あたり病床数
保育所数 1ヶ所
介護老人福祉施設数 1ヶ所
1万人あたり飲食店 61.3ヶ所
気候(倶知安) 1月 4月 7月 10月
平均気温 -5.7℃ 4.8℃ 19.2℃ 9.4℃
平年降水量 188.9mm 67.5mm 96.0mm 133.2mm

虻田郡倶知安町(くっちゃんちょう)

北海道虻田郡倶知安町
隣接するニセコ町がリゾート地として注目された影響を受け、倶知安町は外国資本による開発で地価が急上昇しています。ニセコ町から車で20分ほどに位置し、より市街化した利便性の高さが注目されているのでしょう。

また、倶知安駅が新幹線の停車駅になり、将来はアクセスが劇的に改善することも、投資活動に大きな影響を与えていると考えられます。移住も前向きに検討したいところですが、倶知安町は北海道有数の豪雪地帯なので、雪への相当な覚悟が必要です。

人口 15,018人(平成22年~27年増減率:-3.5%)
地価水準(住宅地) 15,717円/㎡(平成27年~28年変動率:+9.2%)
主要交通など 倶知安駅(小樽駅まで90分、小樽駅から札幌駅まで50分)
小児医療費助成 通院:中学生まで、入院:中学生まで
介護保険料基準額 5,342円/月(平成27年度~29年度)
病院数 1ヶ所
1万人あたり病床数 145.7床
保育所数 3ヶ所
介護老人福祉施設数 1ヶ所
1万人あたり飲食店 84.7ヶ所
気候(倶知安) 1月 4月 7月 10月
平均気温 -5.7℃ 4.8℃ 19.2℃ 9.4℃
平年降水量 188.9mm 67.5mm 96.0mm 133.2mm

北海道で支援制度が充実している町

三笠市(みかさし)

北海道三笠市
三笠市は、高速を使えば札幌市まで30分、旭川市まで1時間の位置にありながら、炭鉱が閉山して以降は急速に人口を減らしました。北海道の市の中でも財政状況が悪い自治体で、産業育成と人口増加が急務です。

こうした危機的な状況が支援制度に反映しているのか、三笠市の家賃補助は非常に手厚くなっています。単に支援機関が長いのではなく、支援期間中に生まれた子供が中学校を卒業するまで、支援期間が延長される異例の制度です。

人口 9,076人(平成22年~27年増減率:-11.2%)
地価水準(住宅地) 5,133円/㎡(平成27年~28年変動率:-6.8%)
主要交通など 札幌市まで車で約30分、旭川市まで車で約1時間
注目の支援制度 長期間の家賃補助
・若者世帯(夫婦のいずれかが40歳未満または中学生以下の子供がいる世帯)は家賃-3万円(上限3万円)を5年間
・単身世帯(40歳未満の有職者)は家賃-2万円(上限2万円)を3年間
・中学生までの子供を扶養している場合(支援期間中の出生でも可)中学校卒業まで助成を延長
・商品券での助成
支援制度のHP 若者移住定住促進家賃助成事業
小児医療費助成 通院:就学前まで、入院:小学生まで
介護保険料基準額 5,050円/月(平成27年度~29年度)
病院数 2ヶ所
1万人あたり病床数 315.8床
保育所数 2ヶ所
介護老人福祉施設数 1ヶ所
1万人あたり飲食店 40.0ヶ所
気候(岩見沢) 1月 4月 7月 10月
平均気温 -5.5℃ 6.0℃ 19.7℃ 10.6℃
平年降水量 112.3mm 53.9mm 102.5mm 108.5mm

二海郡八雲町(やくもちょう)

北海道二海郡八雲町
八雲町では、移住者に向けた施策として、一定規模以上の住宅建築を条件に、町内の分譲地を無償譲渡しています。全国でも数少ない支援制度で、将来は新幹線の停車駅ができることも、移住者にアピールしやすい材料です。

現在の八雲町は、太平洋側の旧八雲町と、日本海側の旧熊石町が合併して誕生したことから、太平洋と日本海に接する唯一の自治体となりました。分譲地は太平洋側で夏に雨が多く、冬に雪が多い日本海側とは対照的な気候です。

人口 17,252人(平成22年~27年増減率:-8.7%)
地価水準(住宅地) 14,800円/㎡(平成27年~28年変動率:-4.3%)
主要交通など 八雲駅(函館駅まで約1時間、札幌駅まで約1時間半)
注目の支援制度 移住者に分譲地を無償譲渡
・無料貸付の翌年末までに住宅建築・居住
・60㎡以上の住宅
支援制度のHP 移住者に土地を無償で差し上げます
小児医療費助成 通院:就学前まで、入院:小学生まで
介護保険料基準額 5,000円/月(平成27年度~29年度)
病院数 3ヶ所
1万人あたり病床数 398.0床
保育所数 5ヶ所
介護老人福祉施設数 2ヶ所
1万人あたり飲食店 57.1ヶ所
気候 1月 4月 7月 10月
平均気温 -3.5℃ 5.7℃ 18.5℃ 10.9℃
平年降水量 86.6mm 83.7mm 129.1mm 106.9mm

北海道久遠郡せたな町(せたなちょう)

北海道久遠郡せたな町
南西部の海沿い3町が合併した経緯から、せたな町は漁業も盛んな地域ですが、米や野菜、酪農を中心とした農業も盛んです。人口流出と高齢化で不足する農業の担い手を、手厚い支援制度で確保したい意向があります。

農業は先行投資が大きい産業ですから、初期投資が大幅に抑えられるせたな町の支援制度は大きいでしょう。ちなみに、ワタミグループの農業生産法人「ワタミファーム」が、農場や乳製品加工センターなどで参入しています。

人口 8,473人(平成22年~27年増減率:-11.6%)
地価水準(住宅地) 9,540円/㎡(平成27年~28年変動率:-3.4%)
主要交通など 札幌市まで車で約3時間半、函館市まで車で約2時間半
注目の支援制度 町外からの新規就農者(45歳以下)を支援

【1回限りの支援】
・就農奨励金200万円

【5年間の支援】
・農地賃借料(上限150万円)
・農地と農業施設に対する固定資産税
・農業に必要な借入金(上限3,700万円)の利子(上限2%)

支援制度のHP せたな町新規就農・農業体験について
小児医療費助成 通院:高校生まで、入院:高校生まで
介護保険料基準額 4,180円/月(平成27年度~29年度)
病院数 2ヶ所
1万人あたり病床数 313.8床
保育所数 3ヶ所
介護老人福祉施設数 2ヶ所
1万人あたり飲食店 50.9ヶ所
気候 1月 4月 7月 10月
平均気温 -2.0℃ 6.3℃ 19.0℃ 12.1℃
平年降水量 68.1mm 68.2mm 104.0mm 113.3mm

空知郡南富良野町(みなみふらのちょう)

北海道空知郡南富良野町
南富良野町の小児医療費助成は、全国で唯一22歳の年度末まで、医療費の一部負担金(自己負担)を全額助成しています。地理的には、札幌市・旭川市・帯広市の3点を結んだ三角形の中心で交通の便は悪いですが、富良野の自然は子育てに最適でしょう。

また、富良野・美瑛エリアとしての観光資源は当然のこと、南富良野町の「かなやま湖」は、幻の魚「イトウ」の釣り場として有名です。カヌーやラフティングも盛んで、オートキャンプ場も備えており、移住の下見と観光を兼ねて旅行したくなる場所です。

人口 2,555人(平成22年~27年増減率:-9.2%)
地価水準(住宅地) 1,983円/㎡(平成27年~28年変動率:-3.1%)
主要交通など 札幌市・旭川市から車で約2時間、帯広市から車で約1時間半
注目の支援制度 長期間の小児医療費助成(通院・入院の一部負担金を全額助成)
・22歳年度末まで
・町に住所がある世帯の子ども
・義務教育後に修学年限1年以上の学校等に進学している
・通信制学校は対象外
・婚姻者(事実婚を含む)は対象外
支援制度のHP すこやか子ども医療費
介護保険料基準額 4,600円/月(平成27年度~29年度)
病院数
1万人あたり病床数
保育所数 2ヶ所
介護老人福祉施設数 2ヶ所
1万人あたり飲食店 71.9ヶ所
気候(富良野) 1月 4月 7月 10月
平均気温 -8.8℃ 5.2℃ 20.1℃ 8.9℃
平年降水量 49.6mm 53.5mm 100.0mm 96.9mm
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加