移住に関する支援制度

移住をするにしても、現実的には先立つものがなければ難しいですよね。そんなときに役立つのが、各自治体の移住に関する支援制度です。程度の違いこそあれ、ほとんどの自治体で支援制度は用意されています。

基本的に、過疎が進んでいる自治体ほど支援制度は手厚い傾向があり、人口維持に困らない大都市や、その周辺でベッドタウンとなっている自治体は、支援制度が充実しているとは言えません。

したがって、支援制度だけを比較すると、地方の町村が目立ってしまうのですが、本来はその地域・自治体に魅力があるから移住するはずです。支援制度はあくまでも補助的な役割だと捉え、固執しすぎないようにしましょう。

支援制度の種類

主な支援制度は、住宅、子育て、仕事、医療、移住体験です。金銭的に十分な余裕がある場合を除き、移住先で最初に考えなくてはならないのが住宅、次に考えるのは収入を得るための仕事(就職・起業)ではないでしょうか。

住宅支援には特に力を入れている自治体が多く、条件次第では数百万円が補助されるケースもあります。仕事については、奨励金の支給、起業補助、企業説明会などで、間接的に支援している自治体が多いです。

また、子育て・医療支援は住民サービスそのものを意味しますから、長期的な視点でとても重要ですし、移住後のギャップで生活を断念してしまう可能性を考えると、事前の移住体験は積極的に活用すべきでしょう。