65歳以上人口あたりの介護施設定員数ランキング

都道府県 市区町村 65歳以上人口 定員数 1,000人あたり
北海道 有珠郡壮瞥町 993 270 271.9
東京都 西多摩郡日の出町 5,721 1,384 241.9
北海道 古宇郡神恵内村 380 86 226.3
北海道 紋別郡西興部村 372 80 215.1
東京都 西多摩郡奥多摩町 2,571 475 184.8
東京都 西多摩郡檜原村 1,094 200 182.8
北海道 虻田郡豊浦町 1,453 230 158.3
群馬県 利根郡川場村 1,054 157 149.0
北海道 寿都郡黒松内町 1,084 160 147.6
富山県 中新川郡舟橋村 559 80 143.1
北海道 樺戸郡月形町 1,327 180 135.6
北海道 阿寒郡鶴居村 739 100 135.3
山口県 熊毛郡平生町 4,461 597 133.8
高知県 安芸郡奈半利町* 1,377 181 131.4
北海道 石狩郡新篠津村* 1,117 135 120.9

※65歳以上人口は平成28年1月1日住基人口
※定員数は平成27年、介護老人福祉施設定員数、介護老人保健施設定員数、介護療養型医療施設病床数の合計

高齢化社会になって、都市部はどこでも介護保険施設が不足しており、移住先での将来を考えると、介護保険施設の充実度は気になります。もしくは、現に要介護や要介護が近い状態なら、目的が介護保険施設ということもあるでしょう。

都市部でも郊外で作られやすい施設だけに、上位はほとんど町村です。東京都西多摩郡の2町がランクインしていますが、3町1村からなる西多摩郡は全て上位です(檜原村6位、瑞穂町57位)。

ちなみに、市での上位は、1位:東京都青梅市、2位:京都府南丹市、3位:茨城県小美玉市、4位:東京都あきる野市、5位:京都府宮津市でした。西多摩郡の町村、青梅市、あきる野市と、西多摩は介護保険施設が充実していると良くわかります。

もっとも、東京都・神奈川県という莫大なニーズがある地域の受け皿ですから、市町村内で介護保険施設が充実していることと、入所可能とはまた違う話でしょう。

第1位:北海道有珠郡壮瞥町(そうべつちょう)

北海道有珠郡壮瞥町
介護老人福祉施設の施設数1、定員50人、介護老人保健施設の施設数1、定員100人、介護療養型医療施設の施設数1、病床数120です。

壮瞥町は洞爺湖畔に位置し、静かな環境に加えて温泉地でもあるため、冬の厳しい北海道としては降雪が少なく過ごしやすい地域です。地域包括支援センターが、要介護者本人以外や家族等からの介護相談に応じています。

面白い施策としては、交通弱者となる高齢者に向け、予約制のコミュニティタクシー(乗り合いタクシー)があり、隣接する伊達市・洞爺湖町への通院が片道500円、町内が片道100円で利用できます。

また、施設に入所するほどではない人でも、生活習慣病健診(特定健診)が無料、町営の温泉は65歳以上が1回130円で入浴可能、除雪サービス、特別養護老人ホームでの入浴送迎など、高齢者向けの住民サービスを充実させています。

第2位:東京都西多摩郡日の出町(ひのでまち)

東京都西多摩郡日の出町
介護老人福祉施設の施設数9、定員883人、介護老人保健施設の施設数3、定員350人、介護療養型医療施設の施設数2、病床数151です。

東京都の中でもかなり西に位置する日の出町ですが、1時間余りで都心まで行ける位置で、奥多摩の自然を楽しむために都心部からも人が訪れます。特に、日の出山から「初日の出」を見るために多くの人が集まります。

福祉の町として町づくりを進めており、75歳以上の保険診療を無料化、70歳~74歳も月2,000円を負担限度額として、残りは町が助成するという、極めて高齢者に優しい制度を設けています。

その上、子供にも18歳まで保険診療を助成しているので、日の出町では概ね働いている年齢の人しか保険診療の医療費がかかりません。

第3位:北海道古宇郡神恵内村(かもえないむら)

北海道古宇郡神恵内村
介護老人福祉施設はなく、介護老人保健施設の施設数1、定員86人、介護療養型医療施設もありません。

人口が1,000人を割る小さな村であることが、神恵内村を3位に押し上げている要因です。介護老人福祉施設が隣接する泊村に存在するだけで、介護療養型医療施設は近隣の町村に存在せず、医療施設での介護療養が必要となった際は不便になります。

古くはニシン漁で栄えた神恵内村ですが、現在の財政状況は厳しく、歳入の多くを地方交付税交付金に頼ります。それでも、漁業資源は豊富で、夏には特産のウニを求めて観光客が、秋から春は札幌圏から釣り人が多く訪れます。

また、「DIYがっしゅく」と位置付けられた、土日を使って空き家の改修と村内の生活体験ができる移住者向け体験プログラムが、平成28年より始まりました。まずは村を訪れて、その魅力を知ってもらいたい。そんな思いが強い神恵内村です。

第4位:北海道紋別郡西興部村(にしおこっぺむら)

北海道紋別郡西興部村
介護老人福祉施設の施設数2、定員80人、介護老人保健施設と介護療養型医療施設はありません。

北海道の北東部、オホーツク海から内陸に入った場所に位置する西興部村は、人口1,100人ほどの酪農と林業を基幹産業とする小さな村です。自主財源が乏しい中でも、早くから行政改革と福祉サービスの向上に取り組みました。

この規模の村としては福祉施設が充実しており、村内に診療所・歯科がある他、デイサービス・ホームヘルパーも受けられます。18歳まで保険診療が無料なのも、子育て世代にはありがたいでしょう。

情報分野への投資も盛んで、全域を光ケーブルで結び、農業・福祉・教育分野に活用されています。人口は微減の傾向でしたが、平成27年は転入が転出を上回りました。

また、あまり知られていないところでは、ギターのボディ製造で世界のトップ企業、長野県に本社を持つ「フジゲン」が、西興部村に製造拠点を持っています(第三セクター)。そのため、ギター工場で働く若い世代も多いです。

第5位:東京都西多摩郡奥多摩町(おくたままち)

東京都西多摩郡奥多摩町
介護老人福祉施設の施設数4、定員475人、介護老人保健施設と介護療養型医療施設はありません。

多摩地域でも最も奥(西)にある奥多摩町は、標高が高く気候が冷涼で、同じ東京都内とは思えないほど都心部との気候差が激しい地域です。町の全域が秩父多摩甲斐国立公園内という、自然豊かな町として知られています。

4つの介護老人福祉施設の他、ケアハウス、認知症高齢者のためのグループホーム、在宅サービスセンター、デイサービスセンターと、高齢者用の施設が豊富にあります。また、ケアマネージャがいる介護支援事業所も3ヶ所あります。

なお、冒頭でも説明したとおり、西多摩は介護保険施設が非常に充実しているので、奥多摩町に介護老人保健施設と介護療養型医療施設がなくても、周辺市町村で十分にカバーできています。