健康診査・特定健康診査の実施による支援

機械に定期的な点検が必要なように、私たち人間の身体も、点検していくことにより致命的な早期発見、または進行を食い止める治療等が可能です。国民の健康は最優先されるべきで、国は健康診査を制度化しています。

自治体は、法律や国の指針等に則り、住民の健康維持を目的とした健康診査を実施していますが、その受診率は低く、病気が見つかるまで放置する人が大半です。一方で、勤務先で毎年行われる健康診断は、ほとんどの従業員が受けるでしょう。

本来であれば、勤務先で行われる健康診断と同じように、自治体が行う健康診査も住民が毎年受けるべきです。費用は無料か少額ですし、独自に診査項目を増やしている自治体もあるので、受診を前向きに考えてみてください。

支援制度の仕組み

40歳~74歳は、高齢者の医療の確保に関する法律によって特定健康診査が実施されます。後期高齢者は後期高齢者医療広域連合による後期高齢者医療健康診査、40歳以上で特定健康診査の対象外となる人も、健康増進法により健康診査の対象となります。

そして、健康診査の診査項目は、特定健康診査に準ずるとされていることから、結局は健康診査・特定健康診査の違いによらず、次の診査項目です。

【健康診査・特定健康診査の診査項目】

  • 既往歴の調査
  • 自覚症状、他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、腹囲の検査
  • BMIの測定
  • 血圧の測定
  • 肝機能検査(GOT・GPT・γ-GTP)
  • 血中脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
  • 血糖検査(空腹時血糖またはヘモグロビンA1c)
  • 尿検査(尿糖、尿蛋白)
  • 貧血検査(医師が必要と判断したときのみ)
  • 心電図検査(医師が必要と判断したときのみ)
  • 眼底検査(医師が必要と判断したときのみ)

上記は法令等で定められている診査項目で、自治体が独自に診査項目を追加したり、医師の判断で行う診査項目(貧血検査、心電図検査、眼底検査)を、対象者全員へ行ったりすることに制限はありません。

この支援制度を設けている主な自治体

健康診査・特定健康診査は、多くの自治体で無料化されており、自己負担が発生するとしても少額(数百円~2,000円程度)ですから、自己負担額で比較してもあまり意味はありません。

  • 40歳未満でも健康診査の制度がある
  • 独自の診査項目が追加されている
  • 貧血検査、心電図検査、眼底検査のいずれかを全員に行う

むしろ、上記のように法定の健康診査制度を拡充している自治体で、できれば無料化されているとなお良いくらいの基準で選びました。

大阪府枚方市(ひらかたし)

大阪府枚方市
健康診査を受ける機会のないパート従業員でも、15歳以上であれば市の健康診査を無料で受けられるようになっています。短期パートになりがちな主婦層は、この要件に該当する人が多いと思うので、受けたい人も多いでしょう。

支援の主な条件 15歳以上
支援内容 【40歳未満の健康診査】
・15歳~39歳(学生や正社員は原則対象外):無料

【特定健康診査】
・無料
・追加項目:血清クレアチニン、尿酸、尿潜血、心電図

公式HP 住民健康診査
特定健康診査・特定保健指導

宮崎県児湯郡新富町(しんとみちょう)

宮崎県児湯郡新富町
20代を「みつば健診」、30歳を「わかば健診」を位置付け、若い世代の健康診査を推奨しています。早い段階から健康に関心を持ってもらうことで、やがては町の医療費負担削減にも繋がっていくと思われます。

支援の主な条件 20歳以上
支援内容 【40歳未満の健康診査】
・20歳~39歳:無料

【特定健康診査】
・無料
・追加項目:クレアチニン、尿酸、心電図

公式HP 特定健診

東京都小金井市(こがねいし)

東京都小金井市
特定健康診査に診査項目を追加しているのではなく、希望者には胸部レントゲン検査を含む「フォロー健診」が受けられます。フォロー健診も無料なので、積極的に受けるべきでしょう(特に喫煙者)。

支援の主な条件 35歳以上(障害があると16歳以上)
支援内容 【40歳未満の健康診査】
・35歳~39歳(障害があると16歳~39歳):無料

【特定健康診査】
・無料
・希望者の追加項目:胸部レントゲン検査、尿酸、クレアチニン、白血球、赤血球、血色素、ヘマトクリット、心電図

公式HP 集団健康診査・障がいのある方の健康診査
特定健診・特定保健指導
フォロー健診

栃木県那須塩原市(なすしおばらし)

栃木県那須塩原市
40歳未満は、特定年齢に限られていること、僅かに自己負担があるのは残念ですが、女性に骨密度検査を用意しているのは評価できます。一般に、女性の骨量は閉経後から急激に減少するところ、若い女性でもダイエットの影響を受けやすいからです。

支援の主な条件 30歳、35歳、40歳以上
支援内容 【40歳未満の健康診査】
・30歳と35歳:500円
・女性に限り骨密度検査も可能(200円)

【特定健康診査】
・無料
・追加項目:血清クレアチニン、eGFR、尿酸

公式HP 成人の健康診査

宮城県名取市(なとりし)

宮城県名取市
40歳未満でも25歳以上なら健康診査を受けられるとはいえ、1,000円の自己負担が必要です。また、追加項目があるとしても、特定健康健診を無料化できていないのは、他の自治体と比べて評価が下がります。

支援の主な条件 25歳以上
支援内容 【40歳未満の健康診査】
・25歳~39歳:1,000円

【特定健康診査】
・集団健診500円、個別健診1,500円
・追加項目:尿酸、血清クレアチニン、尿潜血

公式HP 特定健康診査・保健指導を受けましょう